ドローン・シンポジウム「未来社会は、ここ、志摩から始まる」を開催しました

 

 市では、平成31年4月25日に阿児アリーナにおいて、我が国の「空の移動革命」を牽引するDrone Fund(代表 千葉功太郎氏)の特別協力を得て、共同代表者の大前創希氏及び最高公共政策責任者の高橋伸太郎氏を志摩市にお招きし、近い将来に実現する「ドローン前提社会」や「エアモビリティ社会」を見据え、新しい時代のまちづくりを考える、ドローンシンポジウム「未来社会は、ここ、志摩から始まる」を開催いたしました。

講演

「ドローン前提社会の到来-観光リソース活用の視点から-」

  大前 創希 氏(Drone Fund 共同創業者/代表パートナー)

「エアモビリティ社会への展望」

  高橋 伸太郎 氏(Drone Fund パートナー/最高公共政策責任者)

大前氏

大前 創希 氏

高橋氏

高橋 伸太郎 氏

パネルディスカッション

 講演いただいた大前氏、高橋氏に加え、ドローン空撮を手掛けている株式会社ドローンエモーションから田口 厚氏、高橋 早矢歌氏、また、三重県雇用経済部から増田 行信氏を交え、「新時代のまちづくりをどう進めるか」テーマとしたパネルディスカッションを行いました。

パネル1

 竹内市長のコーディネイトの中、女子旅・インバウンドなどの「ドローン観光」や防災や離島振興等といった「地域課題の解決」など様々な観点で、地域におけるドローン・エアモビリティの活用の可能性について議論が行われました。

田口氏

田口 厚 氏

高橋早矢歌氏

高橋 早矢歌 氏

増田氏

増田 行信 氏

デモンストレーション

 株式会社ドローンエモーションにより、人の体の動き(ジェスチャー)で操作することのできるドローンの紹介がありました。

デモ0

 災害時の協力協定を結ぶ一般社団法人三重県ドローン協会からは、災害時等を想定し、拡声スピーカーを取り付けたドローンから音声により注意喚起を行う実演が行われました。

デモ1

デモ2

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか