志摩市高等職業訓練促進給付金等事業

概要は下記のとおりです。申請を希望される方は、事前相談が必要ですので、担当までお問い合わせください。

概要

 母子家庭の母または父子家庭の父が看護師や介護福祉士等の資格取得のため、1年以上養成機関で修業する場合に、修業期間中の生活費の負担軽減のために「高等職業訓練促進給付金」を支給します。平成25年4月1日から修学を開始された方の支給期間は上限3年となります。 
 また、カリキュラム修了後には「高等職業訓練修了支援給付金」を支給します。

対象者

次のすべてを満たす母子家庭の母または父子家庭の父が対象となります。
・市内に住所があること。
・児童扶養手当の支給を受けているか、同様の所得水準にあること。
・養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、対象資格の取得が見込まれること。
・仕事または育児と修業の両立が困難であること。
・過去に職業訓練給付金または修了支援給付金の支給を受けていないこと。

対象となる資格

・看護師(准看護師)
・介護福祉士
・社会福祉士
・保育士
・理学療法士
・作業療法士
・歯科衛生士
・診療放射線技師
・栄養士
・製菓衛生士
・調理師
・美容師

支給額

職業訓練給付金

申請月以降、毎月20日に支払います。

 

支給額
市民税非課税者 月額 100,000円
上記以外の者 月額   70,500円

 

修了支援給付金

修了日以後に申請してください。

 

 

支給額
市民税非課税者 50,000円
上記以外の者 25,000円

 

 

手続きの流れ

1.事前相談(こども家庭課または母子・父子自立支援員へ)
2.支給申請(必要書類:戸籍謄本、住民票謄本、児童扶養手当証書の写しまたは所得証明書、入校(所)証明書)
3.受講(四半期ごとに在籍証明書または出席状況の報告書を提出)
4.修了報告(修了の日から起算して14日以内に報告書を提出)
5.修了支援給付金の申請(修了の日から起算して30日以内に申請)

次の場合は、給付金を受けることはできません

・母子家庭の母または父子家庭の父でなくなったとき。
・市内に住所を有しなくなったとき。
・養成機関をやめたとき。
・月の初日から末日まで講座へ一日も出席しなかった月がある場合は、当該月については給付金を支給しない。

問い合わせ

志摩市役所 
こども家庭課子育て支援係(電話44-0282) 
こども家庭課母子・父子自立支援員(電話44-0282)

お問い合わせ先

志摩市役所 健康福祉部 こども家庭課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0282
ファクス:0599-44-5260
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか