配偶者控除および配偶者特別控除の改正について

平成31年度の市・県民税(平成30年中の収入)より、配偶者控除、配偶者特別控除が改正されます。

改正内容

  1. 配偶者控除について、納税義務者(扶養する人)に所得制限が設けられ、合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超える場合は適用できません。
  2. 配偶者特別控除について、配偶者の合計所得金額の上限が123万円まで拡大され、それに合わせて控除額が変更されます。また、納税義務者(扶養する人)の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超える場合は従来どおり適用できません。

平成31年度以降の配偶者控除額および配偶者特別控除額(PDF:75.8KB)

注意点

  • 合計所得金額が38万円(給与収入のみで103万円)を超えた場合は扶養の人数には含まれません。よって、住民税の非課税判定の人数に含まれないほか、配偶者が障がい者であっても、障害者扶養控除の対象にならないので注意してください。逆に、納税義務者の合計所得金額が1,000万円超で配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合は、配偶者控除の適用はありませんが、「同一生計配偶者」として扶養の人数に含まれます。
  • 市・県民税は個人の所得に応じて課税されるため、配偶者の合計所得金額の増額に伴い、配偶者自身にも住民税が課税されることがあります。
  • 所得税の控除額については、詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。
  • 税金と社会保険の扶養の判定基準は異なります。(税金上は扶養の対象であっても、社会保険の扶養対象外となる場合があります。)社会保険の扶養については、加入している組合または勤務先にお問い合わせください。
お問い合わせ先

志摩市役所 総務部 課税課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0211
ファクス:0599-44-5261
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。