軽自動車税について

新型コロナウイルス感染症に伴う緊急経済対策 【軽自動車税(環境性能割)】

軽自動車税(環境性能割)税率の臨時的軽減措置が延長されます。

 軽自動車税(環境性能割)の税率については、消費税率の引き上げに伴う臨時的軽減措置として、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用軽乗用車を取得した場合、税率1%分を軽減する特例が受けられますが、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急経済対策として、この適用期限が令和3年3月31日まで6か月延長となりました。

 

軽自動車税(環境性能割)臨時的軽減税率表

○「電気軽自動車等」は、電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合車又は平成21年排出ガス規制NOx10%以上低減達成車)になります。

○「★★★★」は、平成30年排出ガス規制値50%低減以上又は平成17年排出ガス規制値75%低減達成車に限ります。

軽自動車税の税制改正について

 

 税制改正により、令和元年10月1日から軽自動車税に新たに「環境性能割」が創設されます。現行の軽自動車税は、「種別割」へと名称が変わりました。

 この改正に伴い、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されることになります。

 

軽自動車税(環境性能割)が令和元年10月より創設されました。

 

 令和元年10月1日の消費税率10%への引上げ時に、自動車取得税(県税)を廃止し、新たに環境性能割が創設されました。当分の間、三重県が代行して賦課徴収を行いますので、申告や納税の方法はこれまでの自動車取得税と変わりません。

 軽自動車税の環境性能割は、令和元年10月1日以後の取得に対して適用され、新車・中古車を問わず取得された車両(取得価格が50万円を超えるもの)に対して課税されます。

 なお、令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に取得した自家用軽乗用車に限り、特例措置として税率1%分が軽減されます。

【注意】上記軽減の期限が令和3年3月31日まで6か月延長されました。

 

軽自動車税(環境性能割)税率表

○「電気軽自動車等」は、電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合車又は平成21年排出ガス規制NOx10%以上低減達成車)になります。

○「★★★★」は、平成30年排出ガス規制値50%低減以上又は平成17年排出ガス規制値75%低減達成車に限ります。

 

軽自動車税(種別割)について

 軽自動車税は、令和元年10月より「軽自動車税(種別割)」に名称が変わりました。

 

軽自動車税(種別割)は、原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車および二輪の小型自動車の所有に対してかかる税です。

納める方は

毎年4月1日(賦課期日)現在、市内に主たる定置場所がある軽自動車等の所有者です。
たとえば、4月2日以降に譲渡や廃車をした場合でも、その年度分の軽自動車税(種別割)は4月1日現在の所有者に納めていただくことになります。

年度の途中で譲渡や廃車をした場合でも、軽自動車税(種別割)の月割りや払い戻しはありません。

届出の期限について

軽自動車等を取得した人や志摩市内に主たる定置場を移した人は15日以内に、譲渡や廃車により所有しなくなった人や志摩市内から主たる定置場を移した人は30日以内に申告してください。

税額及び申告場所について

原動機付自転車および小型特殊自動車

原動機付自転車

 

車両種別別税率(年税額)
車両種別

税  額

第1種 50cc以下 2,000円
第2種乙 51~90cc以下 2,000円
第2種甲 91~125cc以下 2,400円
  ミニカー 3,700円

 

小型特殊自動車

 

車両種別別税率(年税額)
車両種別

税  額

小型特殊自動車 農耕用 2,400円
その他 5,900円

 

手続きするところ

志摩市役所課税課 または 各支所

 

 「原動機付自転車」および「小型特殊自動車」の登録及び廃車の申告書のダウンロード

軽自動車税申告書(登録)(PDF:190.7KB)

軽自動車税申告書(廃車)(PDF:167.5KB)

 

二輪の軽自動車、二輪の小型自動車

 

車両種別別税率(年税額)
車両種別

税  額

二輪の軽自動車 250cc以下 3,600円
二輪の小型自動車 6,000円

 

 手続きするところ

三重運輸支局

(津市雲出長常町字六ノ割1190-9)

電話番号 050-5540-2055

 

三輪及び四輪の軽自動車

 

車両種別別税率(年税額)

車両種別

1.2015年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両 2.2015年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両 3.最初の新規検査から13年を経過した車両
3輪 3,100円 3,900円 4,600円

4輪

乗用

営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円

4輪

貨物

営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

 

1.2015年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両は、3.に該当するまでは税率(年税額)を据え置きます。

2.2015年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両は、税率(年税額)を引き上げます。

3.2016年度から、最初の新規検査から13年を経過した車両について、税率(年税額)を引き上げます。(ただし、グリーン化の観点から改正するため、電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車及び被けん引車を除きます。)


 最初の新規検査を受けた車両とは、初めて車両番号の指定(ナンバープレートの交付)を受けた車両が該当します。車両の取得日とは異なりますので、中古車両の場合はご注意ください。

 最初の新規検査を受けた年月は、自動車検査証の「初年度検査年月」欄に記載されています。


 軽自動車税(種別割)は、毎年4月1日現在で軽自動車等を所有している(課税台帳に登録されている)方に課税します。廃車や譲渡により軽自動車等の所有者でなくなる場合、速やかに手続きをしてください。

 なお、年度の途中で廃車または名義変更をされても、税の払い戻しはありません。

 

手続きするところ

軽自動車検査協会

(津市雲出長常町字六ノ割1190-10)

050-3816-1779

 

お問い合わせ先

志摩市役所 総務部 課税課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0211
ファクス:0599-44-5261
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。