納税の猶予制度について

新型コロナウイルス感染症の影響により、納税が困難な方には猶予制度があります

 新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、売上等が減少した事業者や個人事業主等を対象とし、地方税法第15条及び志摩市税条例第8条に基づく徴収猶予等の相談を受け付けています。詳しくは収税課までお問い合わせください。

※猶予が認められた場合、猶予期間中の延滞金の全部又は一部が免除されます。

徴収猶予

 災害、病気、事業の休廃止などの理由で、市税の納付が困難なときは、本人の申請により、1年以内の期間に限り、徴収の猶予(分割納付)が認められる場合がありますので、お早めにご相談ください。

※猶予が認められた場合、猶予期間中の延滞金の全部又は一部が免除されます。

(徴収猶予に該当する場合)

1 震災、風水害、火災その他の災害を受け、または盗難にあったとき

2 生計を一にする親族が病気にかかり、または負傷したとき

3 事業を廃止し、または休止したとき

4 事業につき著しい損失を受けたとき 

5 上記1から4までのいずれかに該当する事実に類する事実があったとき

徴収猶予(延長)申請書(EXCEL:43.3KB)

財産収支状況書(EXCEL:54.3KB)

収支の明細書(EXCEL:68.9KB)

財産目録(EXCEL:48.8KB)

担保提供書(EXCEL:42KB)

納税保証書(EXCEL:33.1KB)

換価の猶予

 市税を一時に納めると、生活が困難になるなどの理由で、市税を納期限までに納められないときは、納期限から6か月以内に本人が申請することにより、1年以内の期限に限り、滞納処分による財産の換価(差押財産を金銭に換えること)を猶予し、分割納付することが認められる場合がありますので、お早めに相談ください。

※猶予が認められた場合、猶予期間中の延滞金の一部が免除されます。

※換価の猶予には、職権によるものもあります。

(換価の猶予に該当する場合)

 納税について誠実な意思を有する方が、市税を一時に納付することにより、事業の継続または生活の維持を困難にするおそれがある場合。

 ただし、当該申請による換価の猶予の対象となる税のほかに、市税(県民税含む)に滞納がある場合などは、適用できません。

換価の猶予(延長)申請書(EXCEL:41.6KB)

財産収支状況書(EXCEL:54.3KB)

収支の明細書(EXCEL:68.9KB)

財産目録(EXCEL:48.8KB)

担保提供書(EXCEL:42KB)

納税保証書(EXCEL:33.1KB)

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 秘書課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0200
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか