市長メッセージ(4月7日・緊急事態宣言を受けて)

市民の皆様へ

 政府は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、4月7日に緊急事態宣言を発しました。対象地域は7都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)であり、緊急事態宣言の発出により、5月6日までの間、法的な根拠を持って、生活の維持に必要な場合を除いて外出しないことや、感染の防止に必要な協力を要請することができます。
 志摩市においては、緊急事態宣言を受け、これまで31回にわたり会議を開催し、対応を協議してきた対策本部を、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく対策本部に移行しました。今後も国や三重県と連携し情報を収集、把握し市役所一丸となって市民の皆さんの生命を守るために対応してまいります。

 緊急事態宣言が出された7都府県はもとより、当地域においても、予断を許さない状況であると考えています。市では、これまでも、国や三重県と連携して対策を講じてまいりましたが、今後、より一層、緊張感を持ちつつ職員一丸となって、感染拡大防止に努めてまいります。また感染防止に向けて集会や各種市内施設等の利用制限に、これまでも市民の皆様にご協力をいただいており、おかげさまで感染者が発生していないことも市民の皆様のご協力のおかげだと深く感謝致します。
 現在も、都市部を中心に発生の拡大がつづいており、今後もこの状況を乗り越えるためには市民の皆様のお一人お一人のご協力が必要です。
 これまで以上に、「三つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)」を避けてください。また、過度な買いだめや買い急ぎは控えていただき、落ち着いた購買行動をお願いします。
 市民の皆様には、イベントの自粛、市有施設の休館など、現在においてもご不便をおかけしております。
 今後、さらに社会生活において様々な制約が生じることも考えられますが、皆様自身と皆様の大切な人の生命と健康そして社会を守るため、ご協力をお願いします。
 皆で力を合わせて、この状況を乗り越えましょう。

                                      志摩市長 竹内千尋

 

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか