ロバート・キャンベル氏が志摩市を訪問しました!

 

1月25日(土曜日)、国立公園満喫プロジェクト有識者会議委員のロバート・キャンベル氏が志摩市に視察に来られました。

国立公園満喫プロジェクトの有識者会議において、2021年以降の取り組みの方向性を検討するにあたり、現地の取組状況等を把握するための視察です。

横山ビジターセンターと横山展望台を訪れ、竹内市長の案内のもと、展望台からの景色などをご覧になりました。

 

【国立公園とは?】

国立公園とは「自然公園法」という法律に基づき、国が指定・管理する自然公園のことです。国立公園の目的は「日本を代表する自然の風景地を保護し、利用の促進を図る」というものです。

志摩市は、市全体が「伊勢志摩国立公園」の一部となっています。

 

【国立公園満喫プロジェクトとは?】

政府が策定した「明日の日本を支える観光ビジョン」の一環で、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化し、訪日外国人を増やすことを目的に、環境省が進めている事業です。

このプロジェクトの取り組みの中心となる8つの先導モデル公園の一つに「伊勢志摩国立公園」が選ばれています。

 

 

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 秘書課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0200
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか