中間前金払制度の導入について

 地域建設業を取り巻く環境が厳しい状況にある中、公共工事の適正な履行確保と建設事業者の資金調達の円滑化を図ることを目的として、平成29年4月1日から「中間前金払制度」を導入します。

※平成29年4月1日以降に入札公告、指名通知の対象となる工事から適用します。

中間前金払制度の概要

 中間前金払制度は、土木建築に関する工事において当初の前払金(請負代金額の40%以内)を支払った後、施工の中間時期に一定の要件を満たしている場合は、請負代金額の20%以内を追加して支払うことができる制度です。
 部分払に比べて工事出来高検査などに伴う事務手続きが軽減されます。

中間前金払の対象となる工事

 当初契約時の請負代金額が1,000万円以上(消費税額を含む)の土木建築に関する工事で、入札公告又は指名通知において、その旨を記載します。

 

詳しくは、「中間前金払制度の導入について」をご覧ください。

 

中間前金払制度の導入について(PDF:10KB)

中間前金払認定請求書 兼 認定調書(様式1)(WORD:16.5KB)

工事履行状況報告書(中間前金払認定申請用)(様式2)(WORD:62.5KB)

お問い合わせ先

志摩市役所 総務部 管財契約課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0209
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。