生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度

 生活困窮者自立支援制度は、就労の状況、心身の状況、地域社会との関係性その他の事情により、現に、経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある人への支援を行う制度です。

 相談窓口では、一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が寄り添いながら、他の専門機関と連携して解決に向けた支援を行います。

自立相談支援事業 ~ 関係機関との連絡調整、包括的な支援を行います ~


 生活に困りごとや不安を抱えている場合は、まず相談窓口にご相談ください。支援員が相談を受けて、どのような支援が必要かをあなたとその家族、その他関係者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。

住居確保給付金の支給 ~ 家賃相当額を支給します ~


 離職などにより住居を失った人、または失うおそれの高い人には、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えたうえで、就職に向けた支援を行います。


※年齢、離職期間、資産収入等に関する一定の要件を満たしている人が対象です。

就労準備支援事業 ~ 社会、就労への第一歩 ~


 「社会との関わりに不安がある」、「他の人とコミュニケーションがうまくとれない」など、直ちに就労が困難な人に、プログラムにそって、一般就労に向けた基礎能力を養いながら就労に向けた支援や就労機会の提供を行います。


※期間は一年、ただし、再プランにより支援の延長ができます。
   資産収入を把握させて頂きます。

家計改善支援事業 ~ 家計の立て直しをアドバイス ~


 家計状況の「見える化」と根本的な課題を把握し、相談者が自ら家計を管理できるように、状況に応じた支援計画の作成、相談支援、関係機関へのつなぎ、家計改善の意欲を高めることを支援します。必要に応じて貸付のあっせん等を行います。

まずはご相談ください!!

(相談窓口)
志摩市くらしサポートセンター『ふんばり』
( 社会福祉法人 志摩市社会福祉協議会 地域支援課 生活支援係 )


住所 志摩市阿児町鵜方3098番地1 サンライフあご 2階
 (志摩市社会福祉協議会 阿児支所内)
電話番号 0599-65-7130
ファックス番号 0599-65-7131
E-MAIL seikatsu@shima-fukushikyo.or.jp
パンフレットは次のファイルをクリックしてください。

志摩市くらしのサポートセンター「ふんばり」パンフレット(PDF:548.5KB)

(地図)志摩市くらしサポートセンター『ふんばり』

お問い合わせ先

志摩市役所 健康福祉部 生活支援課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0280、0599-44-0281
ファクス:0599-44-5260
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。