微小粒子状物質(PM2.5)について

 微小粒子状物質(PM2.5)とは、大気中に漂う粒径2.5マイクロメートル(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)以下の小さな粒子のことで、発生源としては、ボイラー焼却炉などのばい煙を発生する施設、自動車などの人為起源のもの、さらには土壌、海洋などからの自然起源のものもあります。
 PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器系や循環器系への影響が懸念されています。季節や気候の影響で、大気中のPM2.5の濃度が高くなることもありますので、そのようなときはなるべく外出等を控えてください。
 三重県では、県内におけるPM2.5の測定値が、国の示した注意喚起のための暫定的な指針となる値(日平均70マイクログラム/立方メートル)を超えると予想される場合には、三重県のホームページ(トップページ)の緊急・重要情報で注意喚起を行うこととしています(注意喚起が発表されていない時は、緊急・重要情報に関連の記事は掲載されていません)。

下記の三重県ホームページ(トップページ)において情報をご確認ください。

三重県のホームページ(トップページ)

微小粒子状物質(PM2.5)の測定値について

 PM2.5による健康への影響等が懸念されていますが、三重県においても各地に測定局を設置して常時観測を行っています。
 PM2.5の詳細な情報及び測定値については、下記のホームページにおいて情報を閲覧できますのでご利用ください。
 志摩市における測定局設置場所は鵜方です。

三重の環境(三重県内のPM2.5測定値情報)

環境省(微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報)

お問い合わせ先

志摩市役所 市民生活部 環境課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0228
ファクス:0599-44-5260
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか