志摩市里海創生基本計画を策定しました

1.計画策定の趣旨

 志摩市が将来にわたって豊かな地域社会として持続していくためには、まず、本市の産業や快適な生活環境が豊かな『自然の恵み』の上に成り立っていることを市民の共通認識とすることが必要です。そして、市民が存分に自然の恵みを享受しながらも、その恵みを持続的に活用できるようにすること、すなわち、『自然の恵みの利用と保全との新たなバランス』を再生することが求められます。
 これまで、本市では豊かな自然を保全することを目的に、伊勢志摩国立公園の指定を受けるなど、自然環境の秩序ある利用と開発に関するルールの設定をはじめ、合併処理浄化槽の設置補助、下水道の整備などによる生活排水対策を進めてきました。また、稚魚などの種苗放流や魚礁(ぎょしょう)の設置など、水産資源の回復対策も積極的に講じてきています。

 「新しい里海創生によるまちづくり」は、海域と海域に影響を与える陸域を一体の「沿岸域」ととらえ、市民や関係者が一丸となって沿岸域の総合的な管理体制を構築することで、『自然の恵みの利用と保全』を効率よく進め、地域の産業振興を図り、農林水産物や観光資源、地域の文化や住環境などを含む「志摩市そのもののブランド化」を確立することを最終的な目的としています。

 本市は地域の自然と真摯(しんし)に向き合い、生物多様性の保全や低炭素社会の実現に取り組むことで、豊かな自然環境と共生し、健康で幸福に生活することが可能な社会の実現をめざします。

2.計画期間

 この計画は、計画期間を志摩市総合計画後期基本計画にあわせ、平成24(2012)年度から4年間とし、目標年度を平成27(2015)年度とします。

3.志摩市里海創生基本計画

里海創生基本計画 表紙~目次(PDF:3.3MB)

里海創生基本計画 第1章~第2章(PDF:3.2MB)

里海創生基本計画 第3章~第4章(PDF:2.9MB)

里海創生基本計画 附属資料(PDF:2MB)

計画の冊子は、市役所本庁里海推進室及び各支所、市内各図書館で閲覧できます。

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 里海推進室
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0206
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。