まちづくり交付金事業について

まちづくり交付金の事後評価結果の公表

市ではまちづくり交付金を活用し、和具地区では「安心安全なまちづくりと災害に強い住環境整備」をめざし、事業を進めてきました。
 この事業評価を行うため、まちづくりの目標達成状況や、今後のまちづくり方策についてまとめた事後評価結果を縦覧致します。

まちづくり交付金とは

 地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るため、市町村が作成する都市再生整備計画に基づき実施される事業の費用に充当するために国から交付されるものです。
 和具地区の都市再生整備計画は下記の添付ファイルをご覧ください。
 

和具地区都市再生整備計画(PDF:188.3KB)

事後評価の目的

事後評価は、まちづくり交付金がもたらした成果等を客観的に診断し、成否の要因を分析して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、住民の皆さんに分かりやすく説明することを目的としています。

事後評価結果

 

まちづくり交付金事後評価シート(様式2-1~2-2)(PDF:420.7KB)

スケジュール

スケジュール
2009年 5月 事後評価の進め方を示す方法書の作成
  6月~10月 まちづくり目標の達成状況確認
  10月5日 まちづくり検討会において、まちづくり方策の検討
  11月2日~16日 事後評価原案の公表
  11月9日 第1回まちづくり交付金評価委員会
  11月18日 第2回まちづくり交付金評価委員会
2010年 3月 事後評価結果の公表
  5月

フォローアップの実施

  1. まちづくり検討会:当事業に係わる庁内の関係各課および地元団体等により構成しました。
  2. まちづくり交付金評価委員会:評価の妥当性を中立・公平な立場で確認していただくために開催するもので、委員は学識経験者と都市計画審議会委員、地元団体の中から構成しました。
  3. フォローアップ:事後評価で見込値であった指標を確認し、評価を確定する「フォローアップ」を行います。

 

お問い合わせ先

志摩市役所 建設部 都市計画課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0305
ファクス:0599-44-5262
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。