市の「花」「木」「鳥」「魚」のご紹介

花:はまゆう

花の見頃

7月~8月

特徴

志摩市内の海岸付近で広く見かけることができ、青い海の色と白色の花の美しいコントラストは里海のまち・志摩のイメージにふさわしい花です。

志摩市おすすめスポット

和具大島の群生地(志摩町)、広の浜(志摩町)、ビン玉ロード(浜島町)など

(写真)はまゆう

木:ねむの木

特徴

6月~8月にかけて市内の至るところで見かけられ、かわいらしい淡い紅色の花の優しいイメージが、人情深い志摩市民の性格を象徴するのにふさわしい木です。

(写真)ねむの木

鳥:白千鳥

特徴

かつて市内でよく見られた鳥で、三重県鳥にも指定されています。また、県立水産高校の実習船の名前にもなっており、海辺でのかわいらしい姿は、里海のまち・志摩を象徴するのにふさわしい鳥です。しかし、近年は海辺のレジャーが盛んになったことや海岸の護岸整備などで繁殖環境が悪化して、市内でも見かけることも少なくなり、三重県の絶滅危惧種にもなっています。

生息場所

砂浜海岸や干潟。

繁殖環境

繁殖期は春~初夏。繁殖地は主に砂浜海岸の砂地や草がまばらに生えた場所でそこで卵を産み抱卵します。抱卵中に人が巣に近づくと歩いて逃げ、あまり近寄りすぎると抱卵を破棄しますので、見かけた場合はあまり近寄らず、そっと見守って、繁殖環境をみんなで守っていきましょう。

(写真)白千鳥

魚:伊勢えび

漁期

10月~4月

特徴

伊勢えびといえば、伊勢志摩!三重県のさかなにも指定されており、伊勢神宮にも奉納される伊勢えびは弾力ある身が特徴で、生でも、焼いても、茹でても美味しい。10月~4月の漁期間以外は禁漁となっており、漁獲サイズの制限などの漁獲制限を設けて漁場の管理をしていながら、全国1位の漁獲量を誇ります。市の一大イベント「伊勢えび祭り」でも有名で志摩市を象徴するのにふさわしい魚です。

(写真)伊勢えび

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか