令和3年度志摩市消防本部救助訓練成果査閲

更新日:2021年7月21日

 令和3年7月21日(水曜日)、救助隊員が日々の訓練で培った技術を披露する「志摩市消防本部救助訓練成果査閲」を実施しました。

 今年は、各消防本部の救助隊員が技術を競い高めあう場として毎年開催される「第49回消防救助技術東海地区指導会」が昨年に引き続き、新型コロナウイルスの情勢により中止となってしまいましたが、隊員は中止決定後も感染予防と熱中症予防を行いながら、猛暑の中、厳しい訓練を続けてきました。

 査閲当日は、志摩市 橋爪市長、世古副市長が観覧され、また激励のお言葉をいただき、各隊員は救助訓練の成果をしっかり発揮し、高い救助技術を披露しました。

訓練風景

ほふく救出訓練

ロープ応用登はん訓練

はしご登はん訓練

ロープブリッジ渡過訓練

ロープブリッジ救出訓練

 今後も、多種多様化する災害に備え、精神力・体力・技術を更に磨き、住民の安全・安心のため邁進していきますので、ご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか