志摩市地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは

 地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度です。

 志摩市では、地域活性化のための活動、農業や漁業の後継者となる知識の習得、及び情報発信などの活動に意欲がある方を対象に、”志摩市地域おこし協力隊”の募集を行っています。

募集案内 

渡鹿野島の地域活性化に係る協力隊員 1人

水稲栽培後継者として就農を目指す協力隊員 1人

 詳細は上記リンク先をご参照ください。

活動中の協力隊

現在志摩市には、

・カキ養殖 2名

・いちご農家 1名

・きんこ芋(干し芋)農家 1名

計4名の協力隊員がいます!

 

SNS

協力隊員が活動内容や志摩市の魅力を発信しています!

・志摩市地域おこし協力隊

☆instagram

https://www.instagram.com/shimashikyoryokutai

 

・いちごを作っている協力隊員の谷川原さん

☆instagram

https://www.instagram.com/manamieichigo/?hl=ja

(@manamieichigo)

 

・きんこ芋を栽培し、きんこ(干し芋)加工をしている協力隊員の大山さん

☆instagram

https://www.instagram.com/meysan55/?hl=ja

(@meysan55)

お知らせ一覧

 

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから