志摩市における地方創生

志摩市の地方創生に関する基本的な考え方

地方創生の担い手は「市民」や「民間事業者」

・地域を担う市民や民間事業者が本気にならなければ、地方創生は成功しない。
・従来の行政頼みのまちづくりや補助金のみに依存した事業振興では地域の再生は望めない。
・市民や民間事業者の「自ら地域のために動こうという意欲」と「小さいことからでも実現させようとする活力」が、地方創生を成功させるためには重要。

行政の役割は「仕組みづくり」と「支援」

・市民や民間事業者が主体となって駆動し、自走できる取り組みを地域におこすための仕組みを構築すること。
・動き出す各取り組みの初動もしくは加速を支援すること。
・市民や民間事業者の「やる気」を「本気」にして、「動き」に変えていくための仕組みづくりと支援。

「志摩市独自の視点」を踏まえる

志摩市独自の視点
1)志摩市の6つの強みを強化する
2)「まちの勢い」の低下をもたらす4要因の循環を断つ
3)社会減を止める6対策を講じる
4)新しい里海創生によるまちづくりに寄与する
5)「にぎわい」がめぐる景観まちづくりに寄与する

志摩市における「まち・ひと・しごと創生」

志摩市の「まち・ひと・しごと創生」の内容

・具体的には、地域を理解して地域を生かせる人が育つと、それが人材の確保につながり、人材が確保されると地域の魅力や資源の発見が促進され、その過程でさらに人が育成されるという循環や、地域の魅力や資源が発見されると、一次産業や宿泊業など今ある産業の強化や新しい産業の構築の基礎が蓄積され、産業の強化や新規産業の構築が実現されれば、より暮らしやすいまちがつくられ、それが人材の確保につながり、集まった人材による更なる地域の魅力や資源の発見が推進されるという循環が考えられます。
人を育て、人材を内外から確保して、改めて地域を見つめなおすことで、今ある産業を強化し、新たなビジネスを起こしながら、住みよいまちをつくり、更なる人の育成や人材の確保につなげていくという「まち・ひと・しごと」の循環を起こすことで、志摩市の地方創生の目的の達成を目指します。
まちひとしごと
お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか