Everyday "OMOSAMA" Art 井2 BUS停アート

 

 志摩市では、地方創生の取り組みの一つとして、将来にわたり持続可能な心豊かな暮らしをデザインする「ライフスタイル変革プロジェクト」を平成28 年度から実施してきました。

 大王地区においては、波切地区にゆかりのある10代から40代の住民が集まり、地域の未来を考えるグループ「波切ライフスタイル変革プロジェクト実行委員会」を組織し、「絵かきの町」らしくアートあふれる町にすることをめざし、平成30年3月から4月の間、波切地区内の16か所に絵画を展示するEveryday“OMOSAMA”Artプロジェクト「名もなき絵画展」を実行しました。

 そして今回、Everyday“OMOSAMA”Artプロジェクトの新たな取り組みとして、平成30年12月から31年1月にかけて、県立志摩高等学校美術部との共同企画「井2 BUS停アート」に取り組みました。これは、無機質なコンクリートの待合所を高校生の手でアート化し、みんなに愛される素敵な場所を作り、地域の活性化・バスの利用促進につながることを期待した企画です。

以前のバス停

プロジェクト実施前は、無機質なコンクリートのバス待合所でした。

以前のバス停内

待合所内は、少し暗く、ごみが捨てられている状況でした。

清掃作業

まず、長年の汚れを落とす、清掃作業を行いました。

下塗り

そして、高校生が描くキャンバスづくりのための下塗り。

内部下塗り

年齢も仕事も違うメンバーたち。

椅子下塗り

子どもの頃の仲間のように、楽しみながら作業しました。

美術部1

下塗りした待合所に、高校生たちが絵を描く。

美術部2

テーマは「水族館」

美術部3

待合所内が海の中になっていく。

美術部4

変化していく待合所に、地域の人たちの注目が集まりました。

集合写真

 

最後は、大王美術ギャラリー主催のワークショップ「バス待合所にみんなで絵をかこう」とコラボして、地元小学生にもペイントに参加してもらい、アート化が完成しました。

 

波切ライフスタイル変革プロジェクト実行委員会では、アートあふれる町をめざし、今後も街中のアート化を進めていきます。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか