しま×ひと×つながり No.12  小森 一久さん

地方創生シリーズ★志摩びとインタビュー しま×ひと×つながり

しま×ひと×つながり

 志摩市の地方創生事業の一環で、志摩市でさまざまな分野で活躍されている「志摩びと」をリレー方式で紹介するコーナーです。このコーナーでは、輝きを放つ「志摩びと」にまちづくりや志摩への思いについてお聞きます。

小森 一久さんのプロフィール

 一級建築士、宅地建物取引士として小森建設、小森設計の代表を務めるかたわら、志摩青年会議所や磯部神社氏子青年会、Shimaええやん会のメンバーとして地域のために積極的に活動されています。

 

志摩ってどんなまち?

  高校卒業後は県外に進学し志摩市を離れていました。若いころは「志摩市には何もない」と思っていましたが、離れてみて志摩市のよさに気づきました。志摩の人はあたたかいし、地域のつながりもあります。自然が豊かで食べ物もおいしいです。志摩にはたくさんのビューポイントがあると思いますが、その中でもおうむ岩展望台から見る景色がきれいで好きですね。

あなたのまちづくり

 志摩に帰って来てから特に何かの活動をしていたわけではありませんでしたが、2009年に父が亡くなり、それまで父にまかせていた地域の活動をしていこうと思いました。
 初めは、地域の先輩にさそってもらい磯部神社の氏子青年会に加入しました。そこでは、磯部神社の祭りや大晦日の参拝の手伝いをしています。その他、「Shimaええやん会」に所属しており、磯部太鼓打ち比べコンテストの開催にも携わっています。磯部に伝わる伝統を多くの人に広めて伝える場にしたいということと、普段の練習の成果を発表する機会になればと思っています。
 また、若い人の地域の活動への参加が少ないように感じますのでもっと積極的になってほしいという思いを持っています。しかし、それは「若い人が参加できる、参加しやすい体制を作っていかなくてはならない」という私たち世代の務めであり課題でもあると認識しています。子どもたちや若い人が、自分のまちを好きになるきっかけづくりができるようこれからも取り組んでいきたいです。
 具体的には、子どもの頃、夜の祭りに参加したことがいい思い出として残っているので、伊雑浦で花火大会ができればと考えています。子どもたちだけでなく、帰省した人も楽しめるようなイベントにして地域を元気にできればと思っています。

次の「志摩びと」をご紹介ください

 「Shimaええやん会」で一緒に活動しており、磯部太鼓打ち比べコンテスト実行委員長も務めている仲井伸豊さんを紹介します。地域のために熱心に活動している、明るく頼りになる後輩です。

 

小森さんが設計した建物

        小森さんが設計した建物

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか