しま×ひと×つながり No.18  剱山 陽一郎さん

地方創生シリーズ★志摩びとインタビュー しま×ひと×つながり

しま×ひと×つながり

 志摩市の地方創生事業の一環で、志摩市でさまざまな分野で活躍されている「志摩びと」をリレー方式で紹介するコーナーです。このコーナーでは、輝きを放つ「志摩びと」にまちづくりや志摩への思いについてお聞きます。

剱山 陽一郎(けんざんよういちろう)さんのプロフィール

 父親が代表者である有限会社アルパートの部長を務めるかたわら、志摩地域の活性化を考える会「雄志会」の会長として幅広い活動をされています。
 

 

自己紹介

 高校卒業後、6年間市外の美容室で美容師として働いていましたが、父親から戻ってきてはどうかと話があり志摩市に戻ってきました。父親は有限会社アルパートの経営者であり、その会社で働くことを勧められましたが、あまり興味はありませんでした。その後、今後について父親と初めてじっくり話をし、父親の会社で働く決意を固め、現在に至っています。

まちへの思い

 志摩が好きなのはもちろんなのですが、父親が志摩が大好きなので、その影響はかなりあると思います。
 高校卒業後に市外へ出たことにより、志摩の素晴らしさである、きれいな風景、食べ物のおいしさ、住みやすさを再確認できました。
 今思うことは、「おせっかいな人」が減ってきたと思うことです。自分たちが小さい頃は、小学校へ行く途中にいろいろな人が声をかけてくれて、地域の繋がりの深さを認識できていました。そういうことが時代の流れで難しくなってきたということは理解できるのですが、地域の繋がりを大事にしていくことを考えると自分は大事なことだと思います。

あなたのまちづくり

 志摩に戻ってきてたくさんの先輩達と親しくなっていくなかで、志摩の活性化を目的にいろいろなことをやりたいという思いが強くなり、「志摩地域の活性化を考える会 雄志会」の結成に携わらせていただきました。現在は、会長の立場で活動をしており、メンバーは18名です。
 これまでの活動は、主にいろいろな団体が主催する祭りの補助や勉強会等をやっていましたが、昨年からは雄志会が主催となり「志摩市学童軟式野球大会 雄志会杯」を磯部のふれあい公園にて開催しました。この大会は、少年育成事業の一環として開催し、今年度2回目となった大会は、10チーム程の参加があり、大い
に盛り上がりました。
 来年度開催予定の大会では、優勝チームと雄志会メンバーとの交流戦を検討しています。
 地域の子どもたちとの交流を深めることにより、どれだけでも地域の活性化に繋げていければと考えています。

子どもたちへの思い

 自分がそうだったように、いろいろな夢を追いかけて市外に出ていくことは止められないと思います。
 ただ、志摩市に戻ってきたときに、不便なく住める町づくりを自分達がしていくことが大事だと思います。
 自分が勤める有限会社アルパートは、人材派遣業で仕事を提供できる立場にありますので、「雄志会」の活動とは別に、働き場所という部分で、貢献していきたいと考えています。

おすすめスポットは?

 志摩町越賀の阿津里(あづり)浜です。ここは、昔から自分たちの語らいの場所で思い出の場所です。きれいな風景を見ながら語りあうのに最適な場所なので、おすすめです。

次の「志摩びと」をご紹介ください

 志摩町の若者の胃袋を支えるお店、布施田にある創作料理店「ガーリックハウス」の経営者、堤謙二 (つつみ けんじ)さんです。

 

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか