しま×ひと×つながり No.23  上村 勝道さん

地方創生シリーズ★志摩びとインタビュー しま×ひと×つながり

しま×ひと×つながり

 志摩市の地方創生事業の一環で、志摩市でさまざまな分野で活躍されている「志摩びと」をリレー方式で紹介するコーナーです。このコーナーでは、輝きを放つ「志摩びと」にまちづくりや志摩への思いについてお聞きます。

上村 勝道(うえむら まさみち)さんのプロフィール

 英虞湾愛好会のメンバーとして、英虞湾の清掃や湾内での乗り物のマナー向上啓発に取り組んでいます。また、真珠養殖の基地を利用して仲間と集う場を設けるなど、「海小屋」活動も行っています。
 

 

志摩ってどんなまち

 志摩は本当にいいところ。海も内海、外海両方があっていろいろ楽しむことができるし、山もあるし。子どもの頃から英虞湾が遊び場でした。今でも志摩の海で仲間と一緒に遊んでいます。

あなたのまちづくり

 実家が真珠養殖をしていて、子どものころから英虞湾は本当に身近な存在でした。真珠養殖は廃業してしまったのですが、英虞湾のために何かしたいな、何かやってみようということで仲間と始めたのが英虞湾愛好会の活動です。役員のほかにも、水上バイク好き、釣り好き、海が好きな人、志摩が好きな人などが参加してくれて、英虞湾、おもに間崎島のビーチや和具の巡航船乗り場、次郎六郎海水浴場などの清掃活動を行っています。毎回70~80人、多いときは約100人の参加があります。その他にも、水上バイクなどを湾内でマナーを守って楽しめるよう、参加者に呼び掛けて意識の向上に努めています。
 また、家業の真珠養殖基地だった場所を利用して「海小屋」を作り、仲間の遊び場、いこいの場にしています。
 自分の子どもに真珠養殖を見せたくて始めたことですが、市民病院に実習に来ている学生が遊びに来てくれたりします。いつかは若い世代に真珠を作る体験をさせたいなと思っています。

まちへの思い

 志摩にはいいものがたくさんあるので、もっとPRしてたくさんの人が来るようにしていきたい。そして子どもたちが志摩に残れるような地域にしたいです。そのためにも、PRできる自然を残したいですね。

次の「志摩びと」をご紹介ください

 志摩町でのり養殖や釣り船を経営している浜口浩明(はまぐちひろあき)さんを紹介します。志摩が好きで、防犯活動など地域のために積極的に活動している頼れる先輩です。

 

お問い合わせ先

志摩市役所 政策推進部 総合政策課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0205
ファクス:0599-44-5252
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか