子宮頸がんワクチン予防接種の積極的勧奨の差し控えについて(お知らせ)

子宮頸がんワクチン予防接種については、平成25年4月1日から定期の予防接種として位置づけられましたが、平成25年6月14日付けの厚生労働省からの通知により、接種者の一部に、ワクチン接種後の持続的な疼痛が特異的に見られるなどの理由から、これら副反応の発生頻度等がより明らかとなるまでの間、一時的に積極的な勧奨を差し控えることとなりましたので、お知らせします。


なお、この措置は、予防接種の対象者に対し個別通知などによる積極的な接種勧奨を行わないものであり、定期予防接種を中止するものではありません。


従って、対象者のうち接種を希望される方については、当該ワクチンを定期予防接種として接種していただくことが可能です。

今後、厚生労働省の検討会(合同会議)において、早急に調査すべき副反応症例について、可能な限り調査され、専門家による評価が行われた後に、積極的な勧奨の再開の是非が改めて判断される予定です。


今回の措置が、どの程度継続するかなどは現時点では未定ですが、新たな情報が入り次第ホームページ等を通じお知らせします。

【関連リンク】

厚生労働省ホームページ(ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について[勧告])

お問い合わせ先

志摩市役所 健康福祉部 健康推進課
〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地1
電話番号:0599-44-1100
ファクス:0599-44-1102
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか