子どもの定期予防接種について

予防接種とは、病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするために、 ワクチンを接種することをいいます。ワクチンを接種した人が病気にかかることを予防したり、人に感染させてしまうことで社会に病気がまん延してしまうのを防ぐことを主な目的としています。また、病気にかかったとしても、ワクチンを接種していた人は重い症状になることを防げる場合があります。 

予防接種は、赤ちゃんがお母さんから受け継いだ免疫が薄れてくる時期、病気にかかりやすい年齢や重症化しやすい年齢などに応じて接種する必要があります。
予防接種法に基づく定期接種は、病気ごとに定められた接種期間がありますので、適切な期間内に忘れないように接種することが大切です。

定期予防接種の種類と対象年齢(公費で接種できる期間)

定期予防接種(A類疾病)種類および接種対象年齢一覧表 (PDF:165.1KB)

接種にかかる料金

無料(接種日現在で志摩市に住民登録がある方で、対象年齢内の接種に限ります。)

実施医療機関

志摩市では、予防接種法に基づく予防接種を全て個別接種で実施しています。

志摩市内の接種協力医療機関は次のとおりです。

令和3年度 志摩市A類定期予防接種協力医療機関一覧 (PDF:104.7KB)

◆三重県内の医療機関(志摩市外)でも、県内乗り入れにより接種可能ですが、医療機関により接種できる予防接種の種類が異なりますので、接種予定の医療機関にお問い合わせください。

接種方法

市が配布した保護者向け小冊子「予防接種と子どもの健康」(※)や説明文等をよく読み、予防接種の必要性や注意点、副反応などを理解した上で、公費接種期間内のなるべく早い時期に接種してください。

接種にあたっては、事前に接種医療機関へ電話等で予約を入れ、母子健康手帳、予診票(※)、被保険者証を持参の上、接種を受けてください。

※「予防接種と子どもの健康」「予防接種予診票」は、母子健康手帳交付時等にお渡ししています。

◆転入・紛失などで予診票を持っておらず、再発行を希望される人は、来所される人の本人確認ができるもの(免許証や保険証など)と、母子健康手帳を持参のうえ、保健センターへお問い合わせください。

県外で接種する場合の費用助成について

里帰り出産等の理由により、県外の医療機関で接種された定期予防接種(A類疾病)については、接種費用を償還払いで助成します。(上限額があります)

助成対象者

予防接種の対象年齢に達した市内に住所を有する人で、県外医療機関等で予防接種を受けた人

助成内容

志摩市が三重県内の医療機関等に委託する予防接種の内容に準ずる

助成額

予防接種を受けた年度の志摩市の予防接種単価と同額で、上限を超えた場合は自己負担となります。ただし、県外医療機関等で負担した額がこの単価に満たない場合は、県外接種費用の額となります。

申請期間

予防接種を接種した日から2年以内

申請方法

保健センター窓口での申請

<申請に必要なもの>

〇予防接種県外接種費用助成申請書(保健センター窓口にあります)

〇県外の医療機関で接種した予防接種に係る領収書(※)

〇予防接種予診票の写し

〇母子健康手帳(予防接種欄、児の出生証明欄の写し)

〇振込口座のわかるもの(通帳等)

〇印鑑

※領収書は接種を受けた者の氏名、金額及び医療機関の名称が記載されたものに限ります。

お問い合わせ先

志摩市役所 健康福祉部 健康推進課
〒517-0501 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地1
電話番号:0599-44-1100
ファクス:0599-44-1102
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。