浄化槽の維持管理について

浄化槽は、微生物の働きを利用してし尿や生活排水の汚水を処理しています。
浄化槽の管理が適正に行われないと、川や海を汚してしまうことになります。
志摩市の豊かな環境を守るためにも、浄化槽法で義務付けられている次の3つの管理を正しく行いましょう。

法定検査

この検査は浄化槽が正常に機能しているか総合的に判断するための検査です。浄化槽の設置状況等の外観検査、日頃の保守点検や清掃の状況の書類検査、処理された水の水質検査等を行います。
浄化槽法第7条に基づき、浄化槽の使用開始後3か月から5か月の間に県指定検査機関が実施する検査を受けてください。
その後、浄化槽法第11条に基づき、毎年1回、県指定検査機関の実施する定期検査を受けてください。検査の日程等につきましては、県指定検査機関から浄化槽管理者宛に検査案内のハガキが自宅へ郵送されますので確認のうえ受検してください。

保守点検

いつも汚水が正しく分解処理されるように、汚泥の管理、機器の点検・調整、簡易な修理、簡易な水質検査、消毒剤の補充などを行ってください。
保守点検は技術上の基準が種々定められており、浄化槽に関する知識および技術が必要なことから浄化槽の保守点検は一般的には志摩市を営業区域として三重県へ登録している業者の中から選び契約していただくこととなります。
保守点検実施回数は浄化槽の機種や規模により異なりますが、処理対象人員(人槽)が20人槽以下(人槽とは浄化槽の大きさを表します。使用している人数ではありません)の合併処理浄化槽の場合であれば年3回以上行ってください。
保守点検料につきましては有料です。詳しくは各業者にお問い合わせください。

合併処理浄化槽の処理方法ごとの保守点検回数

 

分離接触ばっ気方式、嫌気ろ床接触ばっ気方式 または脱窒ろ床接触ばっ気方式

1 処理対象人員20人以下の浄化槽

年3回以上

2 処理対象人員が21人以上50人以下の浄化槽

年4回以上

 

活性汚泥方式

週1回以上

 

回転板接触方式、接触ばっ気方式 または散水ろ床方式

1 砂ろ過装置、活性炭吸着装置又は凝集槽を有する浄化槽

週1回以上

2 スクリーンおよび流量調整タンクまたは流量調整槽を有する浄化槽
  (1に掲げるものを除く)

2週に1回以上

3 1および2に掲げる浄化槽以外の浄化槽

年4回以上

スクリーン付着物除去や消毒剤補充は表の回数に関わらず必要に応じて行ってください。

清掃

浄化槽の機能を充分に発揮させるために浄化槽の槽内にたまった汚泥の抜き取りや機器類の清掃を行ってください。
業者については廃棄物の処理及び清掃に関する法律等に基づき営業区域を定めていますので、お住まいの地区を営業する下表の業者と契約してください。
清掃の実施時期は保守点検の結果で判断されますが年1回以上(全ばっ気方式は年2回以上)行ってください。

許可業者

許可業者名

電話番号

営業区域

志南清掃株式会社

0599-66-0307

阿児町のうち甲賀

有限会社コスモクリーン

0599-43-3730

浜島町全域
阿児町のうち国府

有限会社志摩衛生社

0599-55-0471

渡鹿野を除く磯部町全域

志摩環境事業協業組合

0599-43-5911

大王町全域・志摩町全域
阿児町のうち鵜方、神明、立神、安乗、志島

渡鹿野区

0599-57-2590

磯部町のうち渡鹿野

 

お問い合わせ先

志摩市役所 市民生活部 環境課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0228
ファクス:0599-44-5260
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか