志摩市と株式会社百五銀行との地域活性化連携協力に関する協定の締結について

志摩市、株式会社百五銀行との地域活性化連携協力に関する協定の調印式が行われました

2014年11月13日(木曜日)、三重県庁で志摩市、株式会社百五銀行の地域活性化連携協力に関する協定調印式が行われました。

調印式には大口秀和志摩市長、上田豪株式会社百五銀行取締役頭取が出席し、石垣英一三重県副知事の立ち会いのもと協定書にサインを行いました。

今回の協定で志摩地域の活性化について種々の事業を連携協力しながら実践していきます。

(写真)協定調印式の様子

協定締結に至った経緯

志摩市では平成23年度より振興作物の一つとしてオリーブの苗木を斡旋しています。その取り組みに共感を示していただいた株式会社百五銀行が地域貢献活動の一環としてオリーブ振興の提案があり、協議を重ねた結果、志摩市、株式会社百五銀行の連携協定を結ぶ運びとなりました。

連携・協力事項

(1)地域の活性化・地域産業の振興に関すること

(2)志摩市内の経済活動に伴う情報共有に関すること

(3)官民連携のモデル構築に関すること

(4)その他、志摩市の活性化のために必要な事項に関すること

今後の具体的な取り組み

今後の具体的な活性化対策として、オリーブの栽培普及に取り組みます。今後、3年を目途に志摩の地でオリーブの試験栽培を実施し、また、同時にオリーブの普及活動やオリーブを特産品とした6次産業化や観光振興などに取り組み、地域の活性化を図っていきます。

お問い合わせ先

志摩市役所 産業振興部 農林課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0288
ファクス:0599-44-5262
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか