志摩市人・農地プランについて

現在、日本の農業は高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など、さまざまな問題を抱えています。

それらの問題解決には、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。

そこで国においては、集落・地域での話し合いを通じて、その集落や地域が抱える問題を解決するための、5年後、10年後の姿を描く「人・農地プラン」の作成を進めています。


志摩市では、一部地区において作成を進めておりましたが、各種事業との関係によりできるだけ早期でのプラン作成が必要となったこと、「人・農地プラン」の作成が各種事業の採択要件等として位置づけられたことから、地区により不利益が生じることがないよう、まずは早急に市全体のプランを作成することとなりました。

本年度に、市全体のプラン作成後、各地区に応じたプラン作成を行うことも可能ですので、地区独自プラン作成についても支援を行っていきます。

プランの内容

プランは話し合いにより決定した以下の内容で構成されます。

1.今後の中心となる農業者はだれか

2.中心となる農業者へどうやって農地を集めるか

3.中心となる農業者とそれ以外の農業者を含めた地域農業のあり方

プラン作成の流れ

プランの作成の流れは以下のようになります。

1. 話し合いにより、プランの原案を作成する。

2. 農業関係機関や農業者の代表で構成する検討会で審査を行う

適当と判断されたものは、人・農地プランとして正式に決定

プラン作成のメリット

プランの中心となる農業者として位置づけられると、以下の支援などを受けられる可能性があります。

1.青年就農給付金(経営開始型)

2.農地集積協力金

3.スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者に限る)

4.経営体育成支援事業

5.基盤整備、共同利用施設整備等

プランの見直し

作成したプランについては、以下のような場合に随時見直すことができます。

1.新規就農者が新たに出てきたとき

2.集落営農・法人が新たにでき、中心となる農業者となるとき

3.新たに中心となる農業者出てきたとき

4.中心となる農業者が引退し、農地集積協力金を受けようとするとき

 

・詳しい内容については農林課までお問い合わせください

お問い合わせ先

志摩市役所 産業振興部 農林課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0288
ファクス:0599-44-5262
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか