まちづくり基本条例

まちづくり基本条例とは

まちづくり基本条例は、自治体の憲法と呼ばれ、市の自治の基本理念が文章化されたものです。市民・議会・行政それぞれの役割を明らかにし、協働によるまちづくりをするための基本ルールとなります。
2000年の「地方分権一括法」の制定により、自己決定・自己責任による自治体運営が求められており、「自分たちのことは自分たちで、地域のことは、地域で解決する。」《補完性の原則》による市民自治を進め、地域内分権の実現を目指すものです。

志摩市まちづくり基本条例を制定しました!

「志摩市まちづくり基本条例」は、2006年3月に「まちづくり基本条例市民懇談会」を設置し、条例について研修を重ね、2007年7月からは「まちづくり基本条例策定委員会」において条例案の検討が行われてきました。
平成19年度に実施しました タウンミーティング(対話集会)・意見募集の結果を、策定委員会で検討した条例素案に反映して策定しました条例案が、2008年6月議会(第2回定例会)において可決されました。
「志摩市まちづくり基本条例」は、2008年6月30日に公布され、2008年8月1日に施行されました。
自然豊かな志摩市において、安全で安心な暮らしが続けられるよう、「自分たちで出来ることは、自分たちで行っていく。」を合言葉にまちづくりを進めて行きましょう。

志摩市まちづくり基本条例(解説付)

志摩市まちづくり基本条例(解説付)(WORD:294.5KB)

志摩市まちづくり基本条例(解説付)(PDF:681.4KB)

お問い合わせ先

志摩市役所 市民生活部 人権市民協働課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0227
ファクス:0599-44-5260
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。