埋蔵文化財包蔵地の確認・調査について

住宅や倉庫の建設・建て替え、私道の建設、駐車場や農地をはじめとする土地の造成、土取りなどの土地を掘削する土木工事などを行う場所が埋蔵文化財包蔵地(いわゆる「遺跡」)の場合は、文化財保護法(第93条第1項)に基づく手続きが義務付けられています。土木工事などを行う場合は、事前に埋蔵文化財包蔵地の範囲内かどうかを確認してください。

確認方法

周知の埋蔵文化財包蔵地確認依頼書(兼回答書)に依頼の場所の情報、依頼されるかたの情報をご記入いただき、依頼の場所が確認できる地図(住宅地図など)をご用意いただいた上で生涯学習スポーツ課の窓口またはファックス・メール・郵送でお問い合わせください。

周知の埋蔵文化財包蔵地確認依頼書(兼回答書)は、生涯学習スポーツ課窓口に備え付けのものをご利用いただくか、下記リンクの様式をご利用ください。


 

周知の埋蔵文化財包蔵地確認依頼書(兼回答書)(PDF:166.5KB)

周知の埋蔵文化財包蔵地確認依頼書(WORD:134.5KB)

土木工事などの予定地が埋蔵文化財包蔵地の範囲内の場合

 埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内で開発行為を行う際には、事前に教育委員会生涯学習スポーツ課との協議のうえ、文化財保護法第93条に基づく届出が必要になります。

協議の流れは以下のとおりです。

  1. 工事等の内容を聞き、文化財保護法に基づく諸手続きを説明します。
  2. 工事着工予定日の60日前までに、文化財保護法第93条の規定に基づく届出書「周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等の発掘届出書」を2部提出します。
    下記リンクからダウンロードできます。
  3. 地権者の了承のうえ、範囲の一部分を試験的に掘って遺構や土器などが埋蔵されていないかを確認します。(試掘調査・範囲確認調査)
    遺構(いこう)とは、土地に残された住居跡や古墳、城跡、溝跡など、昔の人々が生活した跡のことです。
  4. 確認された遺跡が、工事の実施によって破壊されるおそれがある場合は、再度協議を行い、「工事内容の変更」や工事前に「発掘調査」を実施するなどの措置をとることになります。

 

注意事項

新たに工事を行う場合、以前に「包蔵地の範囲外」と判断されて工事が行われた場合でも、その後の調査・発見により新たに「埋蔵文化財包蔵地」として範囲指定される場合がありますので、必ず事前に工事等予定地が「埋蔵文化財包蔵地」の範囲内であるかどうかの確認をお願いします。

埋蔵文化財とは?

埋蔵文化財とは、古よりこの地で生活してきた人々の生活の跡を現在に残すもので、地域の貴重な財産として子孫に受け継がれていくものです。これらは一度破壊されてしまうとニ度と元には戻りません。土木工事などにあたっては、埋蔵文化財保護のため適切な手続きにご協力をお願いします。

届出様式等

埋蔵文化財包蔵地の確認手続(フローチャート)(PDF:222.1KB)

周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等の発掘届出書(2部提出してください)(WORD:44KB)

周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等の発掘届出書(記載例)(PDF:185.8KB)

お問い合わせ先

教育委員会事務局 生涯学習スポーツ課
〒517-0592 三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
電話番号:0599-44-0339
ファクス:0599-44-5263
お問い合わせはこちらから

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。